人気情報

必要なのはヒューマンスキル

必要なのはヒューマンスキル

未経験者からエンジニアへの転向

今日において、「エンジニア」の概念は幅広いものとなりつつあります。かつてのエンジニアは、高い専門知識や技能を求められ、「技術屋」「職人」と呼ばれてきました。現在でも、製造業の一部にはそうした風潮が残っていますが、IT業界など短期間の研修でも十分な技能が身につく業種では、社会経験を積んだ中途採用者を欲しがる企業が増えています。とりわけ傾向が顕著なのは、中堅・大手の企業です。

ヒューマンスキルが求められている

中途採用のエンジニアを求める企業では、基本の業務手順がシステム化されていることがほとんどです。基本的な作業手順もマニュアル化されているので、入社後の研修を一通り受ければ支障のないレベルまで育成できる体制となっています。こうした企業では、エンジニアとしてのスキルの高さよりも、職場での人間関係をうまく築けることこそが重要です。経験の有無に限らず、ヒューマンスキルの高い人材がエンジニア志望者に求められているといえるでしょう。
とはいえ、新卒者や経験のある志望者と比べると未経験の志望者はやや不利な条件にあります。この状況を打破するには、採用側から見て「この人なら未経験であっても雇いたい」と受け取る人材であることが大切です。特に、自身のヒューマンスキルを活かした自己PRは、転職において大切なセールスポイントです。社会人としての経験、他業種で築いた人間関係は、あなただけがアピールできる「良さ」です。他の志望者にないことをやってきた実績をベースに、エンジニアでどう活かしていくのかを明確に語ることが、大きなアドバンテージとなるでしょう。

キャリアアップを意識したエンジニア転向

他職種からエンジニアへの転職を望むのであれば、若いうちがおすすめです。どの業種でもそうですが、いくら中途といっても年配の方を雇おうとする企業はそう多くありません。将来を見据えた計画の一環として、エンジニア職からキャリアアップを目指すという形が理想といえるでしょう。また、目的の業種や職種に応じた国家資格や専門技能の修得に取り組むのもエンジニアへの転向の大きな助けになります。
新卒のエンジニア志望者でも「エンジニアは人付き合いが苦手でも大丈夫」と考える方がいます。これは大きな間違いで、業務的にはむしろ社交的な性格を求める傾向があるようです。社内では営業職や企画職との連携、社外では顧客や下請け先との折衝といったように、他人との付き合いは非常に多い職種です。高いヒューマンスキルを持つ転職者が求められるのは、こうした背景があってのことなのです。したがって、エンジニア志望者がヒューマンスキルをアピールするのは理に適った方法ですし必要条件ともいえます。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。