人気情報

キャリア形成のアドバイスも受けられる「エンジニアファクトリー」

キャリア形成のアドバイスも受けられる「エンジニアファクトリー」

エンジニアファクトリーとは

IT業界で転職や独立を考えているエンジニアのみなさん、「エンジニアファクトリー」という転職サイトをご存知でしょうか?20代でバリバリ働いているSEにも、着実にキャリアを積み上げている30代のプログラマにもおすすめな、IT業界のエンジニア専門の転職サイトです。業界に詳しい専門のコンサルタントが、IT・WEB業界のみならず一般の企業の開発職なども含めた幅広いキャリア形成を手助けしてくれる高品質なサービスが特徴で、自分の経験を十二分に活かせる職場を探すことができます。
さらに転職を一つの手段と考え、一人一人にあったキャリア形成についてもアドバイスしてもらえるのがこのサイトの良いところです。第三者の目線から、あなたの強みはどんなところなのか、どんな弱みを持っていてどのように補うことができるのかを丁寧に教えてくれるので、自分の適性診断にも役立ちます。年収1000万を目指す方向けや転職3回目以上の方向けの個別相談会も無料で受けられるので、まずは気軽に相談会に参加してみてからサービスに申し込んでみるのがおすすめです。転職サービスの期限は設けられておらず、応募や転職を急かされることもないという点も安心です。
また、希望とはかけ離れた求人を案内することはなく、企業からたくさんのメールや電話がくることもありません。「転職しようと思ったけれど、情報が多すぎて面倒くさくなってしまった…」ということもなくなります。希望する職場探しに専念できるようにあなたの生活を第一に考えたサービスを提供してくれます。

他転職サイトと比べた強み

エンジニアファクトリーは他の転職サイトにはない大きな強みがあります。それは、一般の転職アドバイザーが一人一人に対応してくれる時間の約2倍の時間を確保してくれるところです。転職エージェント一人あたり、通常は月に50人程度の転職者を支援していますが、エンジニアファクトリーの場合は20〜30人程度。つまり、他の転職サイトよりも2倍の品質でアドバイスが受けられます。他の転職サービスよりも面談やアドバイスにかけてくれる時間が2倍なので、不安なところや疑問点もしっかりと解消して満足できる職場探しができるはずです。
「転職サイトで何度か相談したことがあるけど、正直対応が雑だった…」とか、「思っていたよりもサービスの質が低かった…」という経験がある方は、まずは1分で完了できる転職サービスエントリーから始めてみるとよいでしょう。

こんな方におすすめ

目先の転職活動だけでなく、将来を見据えたキャリア形成についてアドバイスが欲しい方や自分の強み・弱みがいまいちハッキリしていないという方におすすめです。一般的には難しいと言われる35歳以上からの転職、専門卒・高卒で学歴に自信がないという方にもピッタリです。平日は9:00〜21:00まで、土曜日も9:00〜18:00まで対応してくれます。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

エンジニアファクトリーのコンサルタントは、最後の最後まで親身にあなたの転職を応援してくれます。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。