人気情報

未経験からIT業界に進むには

IT業界への就職・転職にあたり、未経験者では無理だと思い込んでいる人も少なくありません。しかしIT業界全体が深刻な人材不足に陥っており、IT企業にとっては人材育成も急務なのです。求人を見れば未経験者募集の求人が少なくありません。他業界・他業種で培ったヒューマンスキルやビジネススキルが歓迎される傾向もあり、未経験からIT業界への転職を目指すことはそう無謀な挑戦ではないのです。IT業界への最初の一歩を踏み出すには転職エージェントの活用が有効です。

記事一覧

  • 安心して頼れる転職エージェント

    安心して頼れる転職エージェント

    成長し続けるIT企業への転職を考えている人は少なくありません。SEやプログラマなどの技術者を求めている企業も多いものですが、双方が効率的に出会うためには、やはり間に入るエージェントの存在が必要不可欠です。

  • キャリア形成のアドバイスも受けられる「エンジニアファクトリー」

    キャリア形成のアドバイスも受けられる「エンジニアファクトリー」

    エンジニアファクトリーは、一般的な転職エージェントに比べて一人あたり2倍の対応時間を設けてくれます。平日時間が取れない方や条件的に厳しい方にも親身に相談に乗ってくれて、納得できる職場探しをサポートしてくれる転職サイトです。

  • 必要なのはヒューマンスキル

    必要なのはヒューマンスキル

    今日のエンジニアにはヒューマンスキルこそが求められています。業務の中心は他職種や外部との交渉や連携であり、円滑な人間関係を築けるスキルは必要条件となっています。人間関係の構築力があることを企業にアピールするべきでしょう。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。