人気情報

スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

「ソフトウェア業界」の概要

おそらく、多くの方が「ソフトウェア(あるいはソフト)」という言葉を聞いたことがあると思います。「ハードからソフトの時代へ」ともいわれるように、現在のIT業界においてソフトウェア開発は重要な位置を占めています。あらゆる職場にパソコン(ハードウェア、ハードともに)が普及するようになりました。ですが、ハードのみではただの箱です。中にどのようなソフトを入れるのか、そして入っているソフトの良し悪しというものが、業務の成果に直結するようになってきているのです。
ソフトウェアは、大きく分けて「システムソフトウェア」と「アプリケーションソフトウェア(アプリ、またはAppと表記)」の2つがあります。「システムソフトウェア」は、WindowsやMacのOSX、iOSやAndroidなどパソコンやスマートフォンの基幹部分を構成するOS(オペレーティングシステム)のことです。他方の「アプリケーションソフトウェア」は、最近では「アプリ」や「App」と呼ばれることが多くなってきました。ビジネス用途ならWordやExcel、PowerPointなどの定番ソフトがその一例です。また、近年ではスマートフォンの普及によりモバイル端末用のアプリ開発も非常に需要が出てきています。たとえば身体状態を計測して治療に役立てるメディカル・医療関連のアプリ、各金融機関のアプリも多数存在します。物流関係では、コミュニケーションアプリのLINEとヤマト運輸が連携したニュースが記憶に新しいでしょう。ほかに様々なショッピング、エンターテインメントやゲームのアプリも続々と登場し、それぞれの業界に関する知識を有しつつソフトを開発できる人であれば、採用で大変有利になります。
「ソフトウェア業界」の求人は、プログラマやシステムエンジニア(SE)などの開発技術者が中心となります。すでに実務で実績のある場合は、プロジェクトリーダーやチームマネージャーなどのリーダーシップを発揮できる枠での募集がある場合もあります。

現在の「ソフトウェア業界」は

「ソフトウェア業界」の事業形式は主に「受託型」と呼ばれるもので、こちらも2つに大別でき、クライアントの「こういうソフトが欲しいんだけど」という要望を直接受注するケースがまずひとつです。もうひとつは、受注した企業から下請けという形で業務を請け負うものです。少人数で起業でき、フットワークの軽さが「ソフトウェア業界」の利点でもありますが、裏を返せば競合他社が多数存在し、競争の激しい業界ということでもあります。受注のために低価格で請け負うケースも見られ、売上を上げるために複数のプロジェクトを同時進行させるなどして仕事量が増えてしまうこともあります。この問題の解決が「ソフトウェア業界」の喫緊の課題といえるでしょう。
また、流行り廃りが激しいのもこの業界の特徴で、開発のメインとなるプログラム言語もどんどん移り変わっていきます。ソフトウェア開発の実務があっても数年のブランクがあれば、技術の変化に目をみはることになるでしょう。常に最新の情報に触れ、技術を習得していく貪欲さも求められています。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。