人気情報

マイナンバーで注目の情報サービス業界

マイナンバーで注目の情報サービス業界

「情報サービス業界」とは?

「情報化社会」という言葉にもあるように、人々の生活やビジネスなど現代社会のあらゆる場面で「情報」のやりとりがされるようになってきています。「情報サービス業界」は年を追うごとに市場規模が成長しており、現在全産業において約2.5%を占める規模になっています。2015年11月の情報通信業基本調査によりますと、企業数は3.410社を数えます。売上高は、2014年度で14兆8,308億円。実に5年連続で売上が増加しています。
「情報サービス業界」は、大きく2つの分野にわかれています。「情報処理・提供サービス業」と「ソフトウェア業」です。まず「情報処理・提供サービス業」は、市場調査・世論調査の各種サービスや計算センターやデータセンターなどをいいます。具体的には、最大手ではデータ通信やシステム構築を行うNTTデータが挙げられます。野村総合研究所などのいわゆるシンクタンクも広い意味で「情報サービス業界」の範疇に入れることができます。もうひとつの「ソフトウェア業」は、米マイクロソフト社やオラクル社などの名を挙げればわかりやすいでしょう。パッケージソフトウェアの提供、ほかにゲームソフトもこちらに入ります。就業者は主にIT関連の人が多いのですが、顧客の幅の広さがこの業界の大きな特徴です。顧客の業種に精通し熟知した人材の需要が今後見込まれます。

マイナンバーで更に人材不足へ

マイナンバーは重要な個人情報であるため、全ての企業に厳格な安全管理措置対策が求められます。

参照-https://biz.moneyforward.com/mynumber
2016年から「マイナンバー制度」が本格的に運用されました。企業においては、社員の個人番号を適切に管理しなくてはいけなくなりました。これにより、情報サービス業者は、データ管理や分析などでさらに成長するものと予想されており、非常に注目の業界です。上記引用元サイトのサービス「MFクラウドマイナンバー」も、マイナンバー管理システムです。一例として参考にしてください。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

「MFクラウドマイナンバー」は、中小企業、個人事業主に向けたマイナンバー対策サービスです。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

「情報サービス業」は魅力的な業界

上述のように、「情報サービス業」全体が5年連続で成長しているのには、裏を返せば情報化の波があらゆる業界に及んでいることを示しています。あらゆる情報のデータ化は企業の必須事項になっているのです。中小企業でも、会計や人材管理・在庫管理のソフトウェアを導入するようになりました。これまでは営業担当が個人で管理していた顧客データを一元化して運用することで、営業戦略の改革に乗り出すようになってきているのです。また病院では、カルテと医療機器を連携させたり患者情報を各診療科と共有するシステムを導入することで、より充実した医療体制を構築することを目指すところも出てきています。
このように「情報サービス業」では多岐にわたる分野の業界との関係が生まれており、しかも継続的な関わりが必要です。このため顧客の要望に応じて適切に対応できる人材が不可欠なのです。そして、さらに質の高いサービスを提供するには、クライアントの問題を把握してきちんと解決に導き発展的な提案もできるコンサルティング能力、あるいは工程管理や分析・開発を行うマネジメント能力のある人材が必要で、現状人材が不足している状態です。これらの実績がある、または就業を検討している人には非常に魅力的な業界といえるでしょう。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。