人気情報

IoTで盛り上がるハードウェア業界

IoTで盛り上がるハードウェア業界

ハードウェア業界の現在の状況

「ハードウェア」といえば、IT関連の話では必ず出てくる用語です。「ハード」は「硬い」という意味ですので、物理的に実体があるものをハードウェアといい、日本語では機械や装置・設備のことを指します。もう少し具体的には、テレビ、パソコン、タブレットやスマートフォン(携帯端末全般)のことです。これまで日本メーカーは、その高い技術力を活かして数多くのハードウェアを世に送り出し、それが世界で高い評価を得てきました。
最近の国内IT市場規模をみてみましょう。2015年におけるIT業界全体の市場規模は、14兆3,496億円で、前年比成長率がマイナス1.1%となっています。そのうち国内ハードウェア市場規模は6兆4,268億円、こちらも前年比成長率がマイナス5.3%です。このように現在の国内IT市場が横ばい状態にあるのは、現在ハードウェアの普及が一段落し、いわゆる更新需要の谷間の時期にさしかかっているためと予想されています。
日本のハードウェア業界でのトップ3といえば、日立、SONY、パナソニックです。いずれも世界に名だたる大企業ですが、IT関連では順風満帆とはいえません。実は日本の電気機器メーカーは総じて苦戦している状況にあります。要因として考えられるのは、海外メーカーの急成長があげられます。アメリカのAppleはiPhoneやMacで大ヒットを飛ばし、韓国のSamsungなどの東アジア勢が一定水準の品質を保ちながら、驚くほどリーズナブルな価格設定の製品を矢継ぎ早に繰り出しています。日本のメーカーが世界の消費者たちが求めるものが変化してきていることにうまく対応できていないのも、現在の苦戦の大きな原因のひとつです。

今後のハードウェア業界の展望

近年ではハードウェアよりもソフトウェアの開発に重点が置かれるようになってきました。アプリケーション開発のために各社がしのぎを削り、日々様々なサービスが生まれています。しかし、高性能なソフトはそれに見合ったスペックのハードウェアを必要とします。そもそもハードがなければソフトは動きようがありません。ハードウェアはIT機器において最も基礎となり、基盤となる分野です。ですので、かならず今後も需要が見込まれるのです。

話題の「IoT」分野

IoTを簡単に説明すると、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。

参照-https://www.internetacademy.jp/it/case-study-internet-of-things-iot.html
IoTの普及により、様々なモノがインターネットに接続して機能するようになってきています。これらIoTビジネスは、今後さらに市場が拡大すると期待されています。たとえば、ロボットや3Dプリンタ、ドローンなどのハードウェア開発が活況を呈していますし、2020年の東京オリンピックではロボットを活用した「近未来的な」大会になることが予想されています。このようにハードウェア業界は、未来に向かって間違いなく成長を続ける分野であるといえるでしょう。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

上記引用元サイト「インターネット・アカデミー」でより具体的なIoTの活用例を確認できます。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。