人気情報

IT業界の分類について

IT技術はまず大きくハードウェアとソフトウェアに分かれます。ハードウェアはパソコンやスマートフォン、携帯電話や家電製品など、目に見える機器そのものです。ハードウェア業界は成熟期に入ったと言われていましたが、IoT(モノのインターネット)時代の到来で再び盛り上がりを見せています。他にも、マイナンバー制度で注目を浴びている情報サービス業界、スマートフォンアプリや各種プログラムを開発するソフトウェア業界、そして右肩上がりのWEB業界について紹介します。

記事一覧

  • IoTで盛り上がるハードウェア業界

    IoTで盛り上がるハードウェア業界

    ハードウェア業界は成熟期にあり、一時的に成長が横ばい状態にあります。日本メーカーも押され気味で苦戦を強いられているのは否めません。しかし、これまで培ってきた高い技術力で日本のハードウェア業界はさらに発展することが見込まれています。

  • マイナンバーで注目の情報サービス業界

    マイナンバーで注目の情報サービス業界

    5年連続で売上増となるなど成長著しい業界である「情報サービス業」は、「情報処理・提供サービス業」と「ソフトウェア業」に大別できます。この業界は医療分野など顧客の幅が広く、それに対応できる人材が常に不足しています。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    最近ではスマートフォンのアプリ開発で活況を呈しモバイル分野が急成長しています。また、様々な業界・職種のクライアントから発注がありますので、それらの業界を熟知していれば正社員への採用で強みになるでしょう。

  • 右肩上がりのWEB業界

    右肩上がりのWEB業界

    インターネットが家庭でも当たり前に利用されるようになってからというもの、世の中は大きく流れが変わってきました。それと共に、WEB業界の果たす役割はどんどんと増加し、もっと多くの人材が必要とされている時代になっています。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。