人気情報

IT業界の現状と展望

IT業界の現状と展望

どうなの?国内IT業界の現状

IT業界と言えば、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しているイメージが強いと思いますが、実際のところはどうなのでしょう?
結論から言いますと、まさにそのイメージ通りです。IT先進国であるアメリカなどと比較すれば日本はまだまだ遅れを取っていることは確かです。しかし、私たちの生活のそこかしこにIT技術が浸透してきていることは言うまでもありません。IT技術が猛スピードで進化すると同時に、日本国内のIT開発競争はますます激化し、IT業界全体が深刻な人材不足に悩まされています。今後、そう遠くない将来には学校教育にもプログラミングなどの授業が組み込まれていくであろうと言われています。

今後の展望は?

IT業界とIT技術は目をみはるスピードで進化し、私たちの生活に革新的な変化をもたらし続けています。記憶に新しい範囲で言えば、スマートフォンが爆発的に普及した矢先、さらにウェアラブル端末市場へと歩を進め、インターネットそのものが多くの人にとってより身近なものとなりました。もちろんここで終わることはなく、今後も次々に新たなデバイスと市場が同時に創出されていくことでしょう。
このような市場創出の流れの中でクラウドがブームとなり、あっという間に普及しました。新たなWEBサービスもタケノコのように次々に生まれ、人々の生活をより便利なものになっています。そして今IoTの時代が到来し、成熟期と言われていたハードウェア業界も再燃しています。

成長性・将来性ともに申し分なし

IT業界の成長が止まる気配は今のところありません。今後も進化成長を続けていくことでしょう。転職や就職にあたっては、大企業であれば安泰という時代はすでに終わっている日本の現状を冷静に受け止め、業界全体の成長性と自分自身が身に付けるべきスキルの将来性についてよく検討されることをおすすめします。成長性があり、人材不足でもあるIT業界は、未経験からの挑戦には最適な条件がそろっていると言えるでしょう。ITエンジニアとしてスキルを積めば、独立して自由な働き方を手に入れることも可能な業界です。
人材不足であることをチャンスと捉え、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。当サイトではハードウェア業界・ソフトウェア業界・WEB業界など、IT業界の分類についても詳しく紹介しています。IT業界全体と分類ごとの特徴を知り、IT業界への一歩を踏み出すきっかけにしてもらえれば幸いです。
なお、当サイトへの情報提供やお問い合わせはこちらまでお願いいたします>>【当サイトMAIL】

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。