人気情報

一人でやり遂げる覚悟を

一人でやり遂げる覚悟を

フリーランスは気楽な職業ではない

フリーランスの職業というと、何のしがらみもなくて楽だと考えられる事もありますが、仕事において誰も指示をしませんし守ってもくれないので、自分自身の気持ちを強く持っていなければ勤まらない厳しい職業です。会社員として企業に所属していれば仕事はチームとして行っていくので、困った時やわからない時には同僚を頼る事もできますが、フリーランスとなると自分が請け負った仕事は自分でしっかりと完結するという事が当たり前になるのです。
もちろん仕事を依頼するクライアント側との打ち合わせはあるので、何を求められているのか、どのような仕事をすればいいのかを1人で決めるというわけではありません。そのような意味でも、クライアントとの良好なコミュニケーションはとても重要な要素で、より満足してもらえる仕事をして次へとつないでいかなければなりません。

フリーランスであり続けるために

フリーランスであるという事は、仕事における全ての分野において自分で手掛けるという事を意味しています。待っていても仕事は来ませんから、自分から取りに行かなければなりませんし、お金の管理や税金関係などやらなければならない仕事は多岐にわたります。フリーランスとしてやっていくのに必要な能力は色々とありますが、一番大切なのは強い心で努力をし続けるという根気です。フリーランスは自分の心との闘いで、時にはめげてしまいそうになる事もあるでしょう。そんな時こそ頑張ろうと決意した初心を忘れずに、不屈の精神を持ってひとつひとつの仕事をこなしていくという気力が出せるかどうかがその先の仕事の行く末を左右するといえるでしょう。

フリーランスと孤独

他の人から見れば自由気ままなフリーランスという立場も、いざなってみれば孤独感との闘いをする日々です。会社員の友人などからはうらやましがられても、その悩みや苦しみに共感してもらえる事はなく、人知れず孤独感を抱いてしまうという事もあるでしょう。そんな時には、同じフリーランスの立場の人との会話がお互いの心を励まし合える良い機会になります。同業種か異業種かにかかわらず、フリーランスの人達が集うセミナーなども開催されているので、そのような集まりに参加すれば悩みを共有できる仲間に出会う事もできますし、仕事の幅も広がるかもしれません。
フリーランスという立場を選んだ以上、責任を持って自分の努めを果たしていくという覚悟がなければ先の成功も望めません。そのように自分に厳しくしなければならない一方で、悩みや孤独感をうまく解消していくためのオンとオフの切り替えもフリーランスとして生きていくには大切な事です。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。