人気情報

ネット拡大で将来性のあるフリーランス

ネット拡大で将来性のあるフリーランス

フリーランスの収入は自分の頑張り次第

フリーランスの良いところは、努力した分、しっかりと収入に返ってくることです。

参照-http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/12088
フリーランスのエンジニアは完全出来高制なので、上記にあるようにいくら稼げるかは自分次第です。目標を高く掲げて計画的に仕事をすれば、年収1,000万円以上も夢ではありませんし、マイペースな働き方で収入は数百万円ほどという人もいて、どのようなスタイルで生活をしているかは人それぞれです。自由度の高い仕事なのでどうしていくかは自分でコントロールしていく事になりますが、せっかくフリーランスのエンジニアとしてやっていくなら、高い目標に向かって仕事に励んでみるのはいがかでしょうか。フリーランスのエンジニアとして働いているのは主に男性が多いといわれています。その中には、年収が1,000万円を超えるという人も大勢います。そのため、結婚したい多くの女性からもフリーランスのエンジニアは大変注目されている人気の職業なのです。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

上記引用元サイト「まだ東京で消耗してるの?」には様々なフリーランスのメリットが記載されていますので、参考にしてください。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

これからの時代に欠かせない職業

フリーランスのエンジニアは自分次第でどんどん稼げる職業ではありますが、先が続かない事には生活が成り立ちません。そこで気になるのが将来性の部分という事になってくるでしょう。現代はインターネットが急速に発展してきているので、もはやIT職抜きにして世の中を回していく事は不可能でしょう。この先もさらにインターネット社会は発展していきますから、IT人材は企業にとって必要不可欠な存在になっていきます。
企業がエンジニアを雇用するという方法ももちろんありますが、フリーランスのエンジニアは企業にとっても効率よく仕事をする事ができるため非常に重宝される存在です。そういった意味でもフリーランスのエンジニアの需要は増えていく事が予想されるので、将来性もしっかりと見込めるでしょう。

高い自由度で充実した日々

現代人の働き方は多様化しており、より職業に自由度を求める人は多くなっています。フリーランスのエンジニアは環境さえ整っていればどこにいても仕事ができるので、住む場所も好きに選ぶ事が可能です。仕事の量も自由に調整できるので、旅行や趣味、家族との時間などプライベートも充実させられるという点でも多くの人の憧れであり、目指したい職業とされているところです。専門性の高い仕事なので順調に仕事をする事ができれば年収1,000万円を超える事もできますから、安定した生活を送るには十分な収入を得る事ができるでしょう。
ただ自分自身が資本なので、健康上の問題が生じたり老化による作業効率の悪化などによって、思ったように稼ぐ事ができない時があるという事について考えておく必要があるので、貯蓄や保険についてもよく検討しておくと良いでしょう。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。