人気情報

高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」で案件ゲット

「レバテックフリーランス」とは、IT系の案件紹介を行っているサービスです。高単価の案件募集が多数あるのが特徴で、常時800件ほどの中から紹介があります。案件は非公開のためまず最初に登録が必要ですが、その手間に見合った対価は充分に得られると考えて間違いないでしょう。募集案件の単価が高いということは、受注するにはそれ相応のスキルや経験を有していることが前提となります。そのためこちらのサービスは、未経験者にはやや厳し目です。逆に経験者ならば、登録初月から安定した収入を毎月得ることも可能です。ライティング、データ入力等の案件紹介がないのも特徴で、IT系エンジニア・プログラマの経験者に特化したサービスです。

エントリーは簡単、もちろん登録無料

レバテックフリーランスは登録無料で、エントリーも楽にできます。この部分は転職エージェントなどと類似性があります。「今、この企業はどういう人材を求めているか」ということを、正確に把握している点が評価の高い理由です。募集案件には有名企業も名を連ねています。ほかに非常にニッチな分野での募集もあり、「ここなら誰にも負けない」という特定のスキルをお持ちの方なら腕が鳴るのではないでしょうか。

高単価の案件が最大の魅力

最高単価は160万円と業界トップクラスです。高単価案件がレバテックフリーランスに多い理由は、企業と直接取引しているためです。間に他社をはさんでいないので、低いマージンを実現しています。あわせて、これまでの豊富なマッチング実績が企業に評価され、より高い発注金額につながっているのです。これと同じ条件を他のエージェントで探そうとするとなかなか見つかりません。もともとの単価が低めな上に、手数料・税金諸々を差し引くと、手取りはおおよそ7割ほどになってしまいます。これを考えるとレバテックフリーランスの高単価率はやはり特筆すべきでしょう。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

レバテックフリーランスは年間3,000回をこえる、企業への綿密なヒアリングやミーティングをもとにしたマッチング精度の高さが魅力です。

詳細をみる(別ウィンドウで開く)

コーディネーターのサポートも充実

「案件を紹介して終わり」ではなく、サポートがしっかりしていることも特徴です。コーディネーターは企業情報はもちろん、案件の詳細内容の紹介、企業との交渉も行います。こちらの希望条件や待遇、作業日数などを把握した上で交渉してもらえるので、一個人として契約するときと比較して単価が上る可能性が非常に高くなります。企業との顔合わせにも同席してくれますので心強さがあります。ほかに契約書類作成も手伝ってもらえるので、「いつのまにか不利な条件で契約してしまった」ということもありません。不安や疑問がすぐに解決するというのも大きな魅力です。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。