人気情報

ライフスタイルに合わせた働き方

ライフスタイルに合わせた働き方

働き方は自分で決める時代

今の時代、ITは必要不可欠なものとして世の中を動かしています。そうなると、当然必要になってくるのがIT技術を持った人材の確保です。実際WEB業界は多くの人材がまだまだ必要で、めまぐるしい変化を遂げながら成長するこの業界に魅力を感じ、ITの道を進もうと考える人も多くなりました。
IT関係の仕事の最大の特徴として、働く場所や方法が多様にあるという点があります。仕事の際には、パソコンとインターネット環境さえあれば世界中のどこにいても同じ仕事ができるというのは、他の職業ではまずありえない事です。ITのスキルさえあれば、企業に所属して会社で仕事をするという方法はもちろんの事、自宅や出先などでも同様に仕事ができるので、立場や状況によって働き方を選ぶ事もできるのです。

様々な働き方

まず企業へ出社するタイプの働き方として、派遣社員や契約社員があります。派遣会社を間に入れて企業側とマッチングしてもらうのが派遣社員で、企業と直接契約を交わすのが契約社員です。これら2つは似て非なるものです。派遣社員は、条件交渉を自分で行う必要がなく、自分のスキルや希望に合った条件で働く場所を選べる自由度で人気があります。一方で、契約社員の場合は自ら企業との条件交渉などを行いますが、契約次第では労働時間や期間を決めて働く事もできますし、正社員へのステップアップやスキルアップのチャンスともなるという事でこのスタイルを選択する人もいます。派遣社員と契約者員のどちらにしても正社員ほどの安定性はありませんが、様々な事情で正社員という働き方ができない人にとっても便利な方法といえるでしょう。

働く場所をより自由に選ぶ

子育てや介護といった家庭の事情なども複雑化する現代では、ITスキルがあっても働きに出る事ができないという人も多くなっています。そのような人にとって、在宅ワークという形で仕事を行う事ができるのは能力と時間を有効活用して収入を得る事ができる点でとても助かるかもしれません。また、喫茶店やファストフードなどを拠点として仕事をするノマドワーカーと呼ばれる人も若年世代に多くなっており、企業に在籍する事なく収入を得るというスタイルも珍しいものではなくなっています。
これらの働き方の利点は何と言ってもその自由度にありますが、いわば個人事業主という扱いになるので仕事は待っていても入ってきません。ですから、在宅ワークやノマドワーカーで安定して収入を得続けるには、それなりのスキルと仕事を取っていく努力を要するというのも現実です。ITやWEB業界で働くにはそれなりの知識や技術が必須条件になるのはもちろんですが、業界で通用する技術さえ持っていれば、生活の状況が変化した時などに応じて様々な働き方のチャンスを広げていける事でしょう。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。