人気情報

就活中の大学生なら読んでおこう

就活中の大学生に読んでもらいたいIT業界情報を紹介します。大学生にとって就活は学生時代の最後を締めくくる一大イベントです。就活によってその後の人生は少なからず左右されます。もちろん失敗を過度に恐れる必要はありませんが、打てる手はすべて打つべきでしょう。少なくとも、入念な情報収集や業界研究は怠らないことです。大手企業=安泰、金融・メーカー=堅実などと安易に思い込んではいないでしょうか。時代は刻々と変化しています。過去の栄光よりも将来の成長性を見極める力を磨いてください。

記事一覧

  • マイナンバーで注目の情報サービス業界

    マイナンバーで注目の情報サービス業界

    「ソフトウェア業」はパッケージソフトなどの開発を行う分野で、「情報処理サービス」はデータセンターや計算センター、市場調査サービスなどを行う分野です。マイナンバー制度の導入などによりさらに成長を続けると予測されている業界です。

  • ライフスタイルに合わせた働き方

    ライフスタイルに合わせた働き方

    経済低迷期が続く中で「ワークライフバランス」という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶ人が増えてきているということです。就活の時点で先々のプランを思い描くことも重要なことです。

  • 必要なのはヒューマンスキル

    必要なのはヒューマンスキル

    ITエンジニアは技術面でのテクニカルスキルに偏りがちな傾向が長く続いていますが、円滑なコミュニケーションは業務を遂行する上で欠かすことのできない要素であり、どの企業も大前提としてヒューマンスキルの高い人材を求めています。

30代のエンジニアに注目されています

  • 高単価の案件なら「レバテックフリーランス」

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたり、一番の不安材料となるのが営業力です。テクニカルスキルには自信があるITエンジニアでも、仕事をとる力がなければ収入を得られません。フリーランスのITエンジニアはエージェントサイトを有効活用すれば、自らの足で歩き回らずとも高額案件を獲得できます。ただし、多額の中間マージンを差し引かれるエージェントは避けてください。紹介案件の90%以上が直請け案件のレバテックフリーランスなら安心です。

  • ネット拡大で将来性のあるフリーランス

    フリーランスエンジニアとしての独立はある種の覚悟を要する決断かもしれませんが、スキルと実績が確かなITエンジニアであれば将来性は十分期待できます。フリーランスになれば完全出来高制になるため、正社員として働いて稼ぐ年収よりもはるかに高い金額を手にするエンジニアも少なくありません。企業の中に属して携わる案件にキャリア形成の先が見えないとすれば、フリーランスエンジニアという選択を検討すべきタイミングと言えるかもしれません。

  • スマートフォンで脚光を浴びるソフトウェア業界

    ソフトウェア業界が今スマートフォンアプリ市場の盛り上がりによって、一躍脚光を浴びていることはご承知の通りです。現状のソフトウェア業界は要望を受けて開発する受託型が主流で、ITゼネコンと言われるピラミッド式の仕事の流れもあまり変化はありません。一方、スマートフォンアプリ市場の拡大によって個人がアプリ開発販売で高額収入を得るというケースもあります。今後も続く開発競争によりフリーランスエンジニアへの需要も高まる一方です。